本格的なSMクラブでない限りハードなプレイを求めるお客さまは少ないですから安心してください。
プレイ内容もそれほどハードではありません。
今回は【風俗求人にあるSMクラブの具体的な内容は】をテーマにしてお話します。

■SMクラブの特徴
女性を調教・性奴隷にするSプレイは、女性に負担が大きいです。
その分、料金が少し高めに設定されています。
SMクラブと言っても3種類あります。
(1)S専門店・女王様店(2)M嬢専門店(3)両方対応店です。

M嬢専門店の場合はルックスは関係ないです。
ドMの性癖を持った女性が稼げると思います。
プレイ中は罵倒されたり縛られたりします。

■プレイ内容
基本プレイの中身は店舗によって違います。
自分でNGプレイを決めるのがSMクラブの特徴点です。
プレイ内容は「浣腸プレイ」「バラ鞭」「ローソクプレイ」「緊縛プレイ」「拘束プレイ」「麻縄プレイ」「ペニバン」などです。
※バラ鞭は叩かれても痛くないようなムチです。
ローソクもSM用ですから熱くないです。

有料オプションには「浣腸」「オモチャ」「聖水」「飲尿」「飲精」「アナルファック」などが多いです。
SコースとMコースの両方ができる店舗では新人の期間はM嬢のプレイから始めるのが一般的です。
M嬢のプレイでSMプレイの基本を学びます。
大体1か月から2か月です。
M嬢になって虐められる快感が分からないと女王様にはなれないからです。

■まとめ
風俗で働いたことがなくてSMクラブに興味があるならばソフトSMの店舗を選びましょう。
本格的なSMクラブだとアナルファックは避けて通れません。
SMクラブで働くには「バラ鞭」「浣腸」「バイブ」「ローソク」などの道具が必要です
自分で購入するのが一般的です。
店舗によっては無料で支給されたりしますので面接の時に確認しましょう。
消耗品のコンドームやローションも負担してくれるとありがたいです。